禁煙支援薬剤師の認定

喫煙は本人だけでなく、周囲にいる人にとってもさまざまな疾病の遠因となっており、社会問題にもなっています。また、禁煙による疾病を予防することは、医療費削減にもつながるため国や地方自治体も禁煙、分煙活動に取り組んでいます。

禁煙補助剤が OTC医薬品にスイッチされ、それらを活用して禁煙を指導する薬剤師が増えることが予想されました。このような状況を背景に本会の禁煙支援薬剤師認定制度は2011年10月にスタートしました。これは、薬剤師の生涯教育の一環として始められたものです。その目的は、「禁煙指導の意義を理解し、禁煙支援・指導方法の正しい知識を持ち、喫煙者へ禁煙相談、禁煙プログラムを適切に提供できる認定禁煙支援薬剤師を養成すること」です。そこで、薬剤師が自分の時間を自由に使って禁煙指導について学習できるように、e-ラーニング講座のプログラムを作成いたしました。

e-ラーニング講座は、8つの学習講座によって構成されています。前半の4講座は、特定非営利活動法人医療教育研究所(IME)が作成したものです。後半の4講座は、本会が独自に作成した資材であり、特に最後の講座では禁煙支援の良い例・悪い例、声掛けの実例などがドラマ仕立てとなっており、動画でわかりやすく、かつ実践的に学べる内容となっています。

e-ラーニング講座終了後は、Web試験で学習内容を再確認します。選択式の設問が30問出題されますが、9割(27問)以上の正答で合格です(Web試験は何度でも受けられます)。

Web試験に合格すると修了証及び実践テキストの発行が可能となりますので、実践テキストで自己学習した上で禁煙支援を実践してください。

修了証の発行日から2年以内に、3事例以上の支援例を記載した報告書等を本会審査会宛にご提出ください。厳正な審査に合格された方には、本会より「東京都薬剤師会禁煙支援薬剤師認定証」及び認定徽章を授与いたします。

詳しくは、「禁煙支援薬剤師認定制度 実施要綱及び実施要綱細則」をご参照ください。